【黒死牟と無一郎二人の共通点とは?!】

鬼滅の刃

最新話の時点ではもう帰らぬ人となっている人気を誇るキャラの無一郎。

そして弦の壱として君臨する程の強さの持ち主である黒死牟。

今回はそんな 2 人の関係についてまとめてみました!

無一郎について


時透無一郎 年齢は14歳

鬼殺隊霞柱としてトップを担っていました。

年齢を見ると炭治郎よりも年下で驚きですが、

さらに驚きなのは無一郎が刀を握ってわずか 2カ月あまりで柱まで上り詰めたという伝説ですね!

使う呼吸は霞の呼吸

風の呼吸から派生したものが霞の呼吸なんだそうです。

初登場は柱合会議の時で、禰豆子と炭治郎をどうするかという話題に柱たちは言い合うシ ーンがありましたが、無一郎だけは無関心で

お館様にも「どうせ忘れるのでどうでもいい」 と答えていました。

刀鍛冶の里編では、上弦の伍であった玉壺を討伐したのですが

その時の玉壺との毒舌な掛け合いや戦闘シーンは見ものでしたね!

黒死牟について


黒死牟は十二鬼月の1人で、位置づけは上弦の壱。

初登場は上弦の鬼が集合した時でした。

容姿にかなり特徴があり、彼の顔には目が 6 つあります。

風貌は人間時代そのままのような姿で

戦い方も見た目的にはあまりいい気分はしない刀を使い

月の呼吸」という呼吸法で戦っています。

好戦的な鬼が多い中で 黒死牟はいわゆる

内に秘めるタイプ」なのか

あまり感情を表に出すような人物ではありませんでした。

もう姿や呼吸でわかると思いますが

彼は人間時代 鬼狩りとして活躍していたといいます。

2人の共通点


黒死牟と無一郎 一見なにも共通点はないように見えますが、無限城での戦いで2人が対峙したとき黒死牟は無一郎を見て

懐かしい」と言います。

無一郎は「始まりの呼吸の剣士の末裔」として

お館様にスカウトされ入隊しており

黒死牟はその「始まりの呼吸の剣士」だったのでした。


黒死牟は無一郎に向って「我が一族の末裔」と呼び 何かにつけて彼を誉めちぎります。

家族びいきなのでしょうか

止血までしてくれています……

始まりの呼吸の剣士の末裔


無一郎は元々、山奥で両親と双子の兄とともに暮らしていました。

両親は早くに亡くなり兄とともに生活をしていたのですが 、兄は無一郎を守るためにも強くならねばと思うあまり、心に余裕ができず無一郎に冷たく接していました。

お館様の代わりとして、妻のあまねが無一郎兄弟をスカウトしに来た時も

兄の有一郎は激しく追い返す場面がありましたね。

なぜ始まりの呼吸の剣士という血を引いていながら

時透家は山奥で暮らしていたのでしょうか……

ここは炭治郎と似ていますね。


黒死牟は無一郎の名前を聞いた際

絶えたのだな継国の名は…」と話す場面もありました。

黒死牟こと継国厳勝は

自分の家族を継国家へ残してきたとされているので

厳勝が残した子どもが順調に子孫を残してきた結果

時透家まで繋がったということになりますね。

先程もお伝えしたように継国という名前も途絶えていますし

時透家は刀とは無縁の生活を送っていたようなので

剣士としての伝承はなくとも血筋だけが残っているということになります。

無一郎は黒死牟との戦いで命を落としていますので

残念ながら厳勝もとい始まりの呼吸の剣士の血筋は途絶えてしまったように思います。


しかし 無一郎が言っていた

僕の父は君と同じ赤い瞳の人だった」という言葉は気になります……

黒死牟の人間時代

継国厳勝は日の呼吸の剣士である継国縁壱の兄であったことが明かされています。


無一郎にも双子の兄・有一郎がいます。

有一郎が最後に言った

無一郎の無は無限の無だ」のシーンに感動を覚えなかった人はいないのではないでしょうか。

こんなところにも兄弟という共通点のあった 2 人です。

今回は無一郎と黒死牟の関係性についてまとめてみました。

生まれながらにして才能を発揮する弟の縁壱に劣等感を抱き、その負の感情を無惨に付け入られ鬼と化してしまい殺し合う兄弟となってしまった黒死牟と

最後まで想いあっていた無一郎兄弟とでは

同じ血筋の兄弟でも全く違った関係性でしたね。

YouTube動画はこちらから

【鬼滅の刃】黒死牟(こくしぼう)と無一郎(むいちろう) 二人の共通点とは?!【きめつのやいば】

コメント

タイトルとURLをコピーしました