【182話 炭治郎まさかの失明?! 炭治郎は鬼化するのか?】

鬼滅の刃

ジャンプ最新 182 話

復活を果たした無惨と一番初めに対峙したのは冨岡義勇と炭治郎でした。

今回は182話と炭治郎は鬼化するのかについて考察していきたいと思います。

ネタバレ含みますので、まだ見てないって方は気をつけてくださいね

181話おさらい


目の前で次々と食われていく鬼殺隊士を見て動けなくなった輝利哉でしたが、かなたに喝を入れられ”お館様”として我を取り戻し、無惨のもとへ柱達を集結させるように指示を出しました。

知らせを聞いた蜜璃と小芭内は鳴女に手間取り、動けずにいました。

すると蜜璃が、誰かに襟を捕まれ上へ引き上げられたのです。

そして遂に炭治郎と義勇は無惨と対峙します。

怒りが抑えきれない炭治郎を義勇がなだめますが、無惨が放った一言で炭治郎は怒りを通り越した死んだ目で「存在してはいけない生き物だ」と言いました。

負傷した炭治郎


炭治郎は無惨に対して怒りをも通り越すほどの憎悪を抱き、攻撃にかかります。

無惨を太陽の元へと引きずり出す為、柱達が到着するまでなんとかしようとしますが、目に見えない程の速度で迫る攻撃に、義勇までもが手も足も出ない状態でした。

なんとか無惨の元へ辿り着いた炭治郎が攻撃しようとしたその時でした


一瞬の間に炭治郎は無惨によって右目を負傷させられてしまったのです!

主人公がこんなにもあっさりと片目をやられてしまうとは、改めて鬼滅の刃は読者の想像をはるかに超えてくるなと誰もが実感したのではないでしょうか?

義勇が炭治郎に間合いを詰めないように忠告します。


すると無惨が義勇と炭治郎に「柱 2 人はすでに部下(鳴女) によって始末された」と話します。

無惨は鳴女の目を通し、血まみれになり息絶えている2人を確認していました。

しかし炭治郎が無惨の攻撃で「もうだめだ」と諦めかけた時……

始末したと言われていたはずの蜜璃と小芭内が駆け付けてくれました!

なぜなら癒史郎による血鬼術で、鳴女をコントロールしていたのです!


そしてそこで策にはまってしまったと気づく無惨…

誰も役に立たないと冷静に言っていたくせに

先週までの余裕の表情が嘘のように怒りをあらわにして鳴女に向かって叫びます


無惨の言葉に答えたのは鳴女ではなく、鬼化して鳴女に「視界を操る札」を添付していた愈史郎でした。

癒史郎はおそらく自分の大切な人である珠世を奪われ、無惨に一矢報いたい気持ちで戦っているんでしょうね。


地上へ叩きだしてやる」と涙ながらに叫ぶ癒史郎

ここで話は終了となりました。

おそろしいほどにテンポが良すぎて、何回も読み込まないと理解できないほどでした。

普通なら結構週をまたいで進む展開を 1 話で凝縮させてしまいましたね!

読者としてはもどかしい気持ちもなくすっきり読めたのではないでしょうか?

しかし本題は炭治郎についてです!

炭治郎が鬼になる?


今回の話で注目されるのが、炭治郎が鬼化するのではないかということです。

ただの鬼からの攻撃であれば止血をする等して対処できるのですが、相手が無惨となると そうはいきません。

なぜなら無惨は「人を鬼にする」力を唯一持っている相手だからです。

振り返ってみれば浅草で炭治郎と遭遇した際にも、通りすがりの人間に気づかれない速さで負傷させ、その人は鬼に変化してしまいましたよね。

さらに原点まで戻ると、禰豆子が鬼になったのも無惨が原因となっています。

炭治郎は無惨にあっけなく右目を潰されています。

絵を見ると目を開けた状態で斬られているので、瞼の怪我という望みは薄そうですね……

これまでの原理を見ると、無惨の攻撃を受けた者は即死するか鬼になるかです。

そして鬼殺隊の強い剣士などは鬼になるまでの時間がかかることもあるようです。

禰豆子も襲撃後どれくらいの時間がたったかわかりませんが、炭治郎が発見して時間が経った頃に鬼として覚醒していましたよね。

この原理でいくと、炭治郎は無惨との戦闘中どこかで鬼になってしまうのではないでしょうか?

では、鬼になった場合どうなるのかを考えていきたいと思います。

鬼になった場合


炭治郎が鬼化した場合、まず考えられるのは無惨討伐後に消滅してしまうことです。

現状鬼化した人を人間に戻す方法は見つかっておらず、珠世さんたちが作った人間に戻る薬も今の状況では効果はみられていません。

もしこの薬の効果があって無惨を倒すタイミングで炭治郎が薬を摂取できれば、人間として戻ることができるでしょう。

これは禰豆子にもいえます。

そして鬼化したことで得られるものについても考えていくと、 炭治郎が知ることのできなかったヒノカミ神楽の十三の型を鬼化した状態で会得するのではないでしょうか?

もしくは十三の型は鬼にならないと使えない……ということなのかもしれません。

そうすると縁壱が十三の型を使えなったことや、自信喪失した炎柱の原因にも多少強引さはありますが繋がっていきますよね。

炭治郎自身は以前「俺が鬼になっても鬼殺隊の誰かが頚を斬ってくれる」と発言しています。

主人公が鬼になって死んで終わる……

なんて展開にはならないと思いますが「鬼になる」という伏線には当てはまるのではないでしょうか。

そしてもうひとつ、これから無限城が破壊され地上での最終決戦となると、朝になるまで無惨を足止めしなくてはなりません。

無限城が破壊された場合、違う場所で戦っていた同期組や村田さんも参戦する可能性がありますよね。

しかしまだ鳴女を討伐できていないことや、今後新しい上弦の伍が登場する場合もあるため、同期組の数人や目覚めた禰豆子、護衛の鱗滝さん、宇随さんらがバラバラで戦う場面になりえます。

炭治郎が鬼化した場合暴走する可能性もありますし、無惨に対しては朝日が昇るまで辛抱する必要がありますが、鬼になってしまった炭治郎は朝日を浴びると消滅してしまう危険性があります。

どちらにしても時間との戦いになりそうですね。

早く朝がきて無惨を倒したい、でも炭治郎に人間の薬が効かなければ消滅してしまう……

そんな展開も今後考えられます。

もしくは炭治郎も禰豆子のように太陽を克服できたりするのでしょうか?

余談ですが、今週のジャンプは表紙&巻頭カラーが鬼滅の刃でしたね!

さらに特別付録として鬼滅の刃ゆるシールが付属していました 。

この効果もあってか、ジャンプの品切れ状態が続いているとのことです。

シールに関しては某フリマサイトで早速高値で売ってあったんですが……

これからも人気の波が続きそうな鬼滅の刃、次週も期待しましょう!

YouTube動画はこちらから

【鬼滅の刃 182話】炭治郎まさかの失明!! このまま鬼化してしまうのか?! ジャンプ最新 【きめつのやいば】

コメント

タイトルとURLをコピーしました